子孫を残すは生物の欲

ぷよぷよに身が入らない…

その原因は嫁の身体の事だ…(:_;)

結婚して3年、子供が出来たらきっと忙しくも楽しい日々が待ってるんだろうなぁって思いながらすごしてきた。

現状、子供はいない。

そもそもうちの夫婦はプラトニックな仲で、夜の営みなんて全然ない。

別にそれは悲しいことじゃない。

下ネタは好きだけど、最近、アーン♡な事にそこまで執着しない自分に今更気付いた( ゚Д゚)

それでもここ1年、嫁が妊活ガンバろう!という事でタイミング療法で頑張ってみた。

嫁は職場で、妊娠したり出産したり、子供の事で休むスタッフを見てきて思う所もあったのだろう。

僕も両家の親に孫を見せられる時が来たのならそれはそれで素敵だろうなと思ってた。

しかし、妊娠はせず…(*´ω`*)

嫁は静観より行動派。

子宮卵管造営検査を産婦人科クリニックで行った。

とにかく痛かったそう…(+o+)

「ちんちんの穴にパンパンに何か押し込まれるのを想像してみな!」

そう言われ、考えてみただけで悶絶しそうだ。

すると卵管でとりこみ障害が懸念されたとか…

それだけじゃない。

細胞診結果で引っかかったのだ。

HPVというものに女性の80%が感染し、90%が免疫力で自然に治るそうなのだが、

嫁はそこから高度病変を起こし、癌予備群の可能性が出てきたのだ。

今度の精密検査で子宮の一部の細胞を取るそうで…

嫁の身体がとにかく心配である…(*´Д`)

妊活も痛いものばかりで辟易してしまった嫁。

そして妊娠の障害が判明して気持ちも下降…

それでも嫁はぷよぷよに手加減はしない。

「子供出来なかったら犬でも飼って家族に迎え入れようよ」

フォローのつもりでそう言ってみたけど、歯切れが悪く…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする