49.OH~!ペナルティ~

埋没する癖か、日本にいても海外にいても朝起きるのは辛い。

少しでも睡魔が残っていれば、その優しい誘惑に喜んで乗せられて無意識の世界に陥りたい。

ハッキリ言って、相方の方が元気である。

ちゅんちゅん外から音が聞こえるのはどこの国も共通のものらしい。

朝食は毎日これ…。

帰国する時にはパンが嫌いになっていた。

でも朝のオレンジジュースは格別だ。

胃の中で胃酸と融合し、酸味パワーで内臓から活気を促してくれる。

パリの街並みもまた、趣きがあって健やか軽やかな足取りになる。

嫁はネイリストなので通りかかるネイルサロンに興味津々だった。

事件はパリ市内からヴェルサイユ宮殿へむかう列車の中。

乗車券点検確認で回ってきた駅員に切符を見せると、何か駄目って…(´・ω・`)

どうやら切符の種類が違い、本来の値段よりも安い切符で乗車してる違反らしい。

「OH~!ペナルティ~!70ユーロ!」

知らんがな!って70ユーロ( ゚Д゚)!?

罰則金をまさか払う羽目に…。

わざとじゃないのに…ってショボーン(´;ω;`)してると、

駅員が「ファイン!」って励ましてくれた。

なんじゃそりゃ!

あとでガイドブック読み返したら注意項目が書かれてた。ち、ちくしょう…

そんなこんなでヴェルサイユ宮殿に着くも、入口までまさかの3時間待ち!

これは凄い!長蛇の列がズラーリ…まいったまいった(;^ω^)

行きの電車で罰金を食らった僕らに同情をしてくれた家族。

この混雑に早めに見切りをつけ庭園の方へ。ありがとねー!

ヴェルサイユ宮殿はどうしても見て見たかったので僕らは列に並んで忍耐戦!

途中、目の前を割り込んできた家族連れがいて、何も言えないでそのままでいたら入口付近でサングラスをかけた警備っぽい人が「ズルしたから並び直し」ってその割り込んできた家族連れに言い放ち、追い出してくれたのが痛快だった(*´ω`*)

念願のヴェルサイユ宮殿でダンスをする達成(*’ω’*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする