無様と捉えるは卑しく醜い心、そうでしょう?


この際、自分が今まで経験した事ないけど、やってみてぇ!と思える分野に挑戦するぜ!

そう意気込んだのも束の間、敗因はやはり曖昧な情熱だったみたいです。

ネットや本での下調べだけでは駄目でしたー(-ω-)

意見書ももっと的を絞ったものにするべきだったかなぁ…と思っても後の祭り…。

別のに間髪入れず挑んでも内容は一緒だし、数打ちゃ当たる的な印象を与える事になるか。

動機の希薄感・安売りの懸念から、一度間隔を空けてまた機会あればでいいのでは?

そうそう、先日の千葉県の視察お疲れ様でした。

該当地は団地中心の不動産状況で、海はあるものの、付近の状況を鑑みるに、難しい現実も見えてきました。

又、都内にアクセスするにあたり、通勤が目に見えて楽になるわけではないことも確認出来ました。

以前は、支援制度が充実していて、もうちょい田舎でアクセスしやすい移住候補地の秩父や多摩の方へも行きましたが、やはり百聞は一見に如かず。

現地を確認する事で、移住条件的には再考やな…って結論に至ったと思います。

興味のあった新潟をはじめとする北陸地方…

自然環境が好きで、更に実家に甘えられそうな算段で考えた信州…

埼玉と逆の世界、都内反対側の千葉…と、候補地を転々としてきました。

ここだ!という土地を見定められないまま、進展はないように思えますが…(._.)

そうやってきた過程こそ進展なのだと、そう解釈します(; ・`д・´)

結論を出すに至らなくとも、成る時は成る、という気概でいきましょい!

結局のところ、移住はその地に縁があるかないかが大きいよなぁ…(´・ω・`)

縁がなくとも、机上の空論ではなく、実際に現地を確認してビビっと衝撃が走るくらいでないと難しいです。

そしてやはりというか、仕事だよなぁ。

何よりもじ現状からの活路。次点で移住ですな。

移住はする時はするんです。今後、子供が出来たとか、仕事が遠方になった時とか、偶発的に地方に縁が出来たときなど、その時を待てば良いですな。

しなければならないわけじゃないもんね…そうだよね…

その気付きに加えて、もう一度埼玉を見つめ直すという気付きが大きな収穫となりました。

移住したいという想いの動機を探ると偏見と固執が大きく、それらが思考的見地のしがらみとなっていました。

それを外し、自らのプライドやこだわりに囚われる事で日常生活にどれだけ要らぬ悩みを抱えるか考えました。バカバカしくなってきました。

不毛なプライド・こだわりがどれだけ生き辛くするか再認識し、固執して生きる事は生活のあらゆる面での窮屈さを大きくしてしまう事、くれぐれも肝に命じて下さい。

そしてそれら偏屈を感じない広い視野、純粋に明るく生きようとする姿勢は無意識に行われなければならないです。

って…何度、こんな事を自分に言い聞かせてきたか…(;^ω^)

性ですな。

この度、自分の住む埼玉の地図を買いました。

気持ちを新たにして新しい視野で、埼玉に引っ越してきたんだくらいの気持ちで今日から生活していきましょい!

…(´・ω・`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする