モラトリアム再び

海外放浪旅を終えて、日本に帰国後…

夢から覚めて、再び現実と向き合う。

退職後の諸々の手続き、家族間でのイベント、付き合いやら、ほったらかしていた雑務…

そういったものを終えて一息つける段階に。

学生時代のモラトリアムにも似た感慨に浸って、これからの未来、どうやっていこう…という、漠然とした悩みを抱える昼下がり…。

嫁が忙しなく働いているのを尻目に、自分は家事を終えて公園で昼間っからお酒を飲む。

苦労してないせいか、お酒があまり美味しくない(*´Д`)

後ろめたさでもあるのか、陽光が眩しすぎる気がして鬱陶しい。

そろそろ就職活動を本格的に始めなきゃな、と思う。

以前の会社は契約社員で、状況的に辞めるならタイミング的に丁度いい潮時だった。

次は給料が段階的に上がる見込みがあって、技術が身に付くような仕事に就かねば…と思う。

以前の会社は慣れてしまうと仕事内容も楽で、人間関係も良好な職場だった。

だからもし次の就職先が見つかってもやっていけるかどうか不安だ(; ・`д・´)

旅に出て、夢を叶えて、再出発の為の英気は養われているはず。

それでも思い出す旅で出会った仕事人たち…。

凄くゆるい感じだったな。

でもここは日本だ。

明らかに仕事してないような人もいたけど、それでも暮らしていけるような仕組みがあるんだろうな…。

でもここは日本だ。

話は振り返り、大学4年生の時、就職活動をしていて自分がどういう選択肢を選べば良いのか迷っていた頃の事。

その様子をみて、高校を卒業して18歳から働いてる友人にキツイ事?を言われた事がある。

「お前は良い身分だな」と。

「俺なんか自分探しなんかやってる暇はなかった」

「大学に行く余裕がなくて、とにかく雇ってもらえた会社で生活の為に稼ぐのに必死だった」

「そんな俺からしたら、お前の態度はただ見ていてムカつく」と。

あれから彼とは会ってないが、元気でやってるだろうか。

あの時から僕はまるっきり変わらず、成長していないんじゃないか、と思ってしまう。

いや、これからの就活、働く事に対して消極的になっているわけではない。

転職の不安というのは誰にだってあると思うし、それは不可避なものだ。

僕が本当に怯えているのは、今後に関しての嫁との話し合いの末、導き出されたものに対してだ( ゚Д゚)

人生の所々に章分けの区切りがあるとしたら、これから迎える章の名前はどんなものが相応しいんだろう。

ただただ普段の生活で、街中で何気なくすれ違う人生の先輩たちには頭の下がる思いである(._.)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わるもの注意 より:

    うーん・・・自分が導き出した答えはひとつ。誰かに使われるのが嫌です。で、一人親方。軽貨物と言う仕事。それも変なロイヤリティを払わずに済む会社からの下請けです。ボロいハイゼットカーゴ一台で月に25万稼ぎます。下手に高い車は使わず安いボロを使用して近距離の仕事を定期で取って・・・2年ごとに車を捨てて、ローンは一切使ってません。やり方次第では軽貨物食えます。信頼さえ得られたら本当に食っていけます!ノウハウは伝授しますよ。ただし、信頼を得るまで2年かかります(TT) その間は夜中に突然仕事とか有ります。固定の定期便を得れば本当にストレスなくやれる仕事です。自分は5年目です。現在!自分の時間ちゃんと有ります!

    • pirorincho より:

      お疲れ様です(*’ω’*)
      誰かに使われるのが嫌…というのは私も非常に共感するところがあります。
      上司に干渉されながら延々と仕事するのは精神的に苦労します(*´Д`)
      でも1人親方として事業を安定させた、というのは相当大変だったと思います。
      お金は信頼なのですね。
      かっこいいです。尊敬します!
      私も私なりに行動を起こして仕事を見出していきたいと思います(._.)
      好意的なコメントをありがとうございました!

  2. わるもの注意 より:

    おばんです。元々、カメラのゴマ粒みたいなネジをいぢってるとストレスだらけで・・・ピザ屋の宅配バイトがきっかけでした。そうしてるうちにカメラで儲ける事に何だか嫌気がさして(笑)自分は職人と言っても・・・客のあーしろ、こーしろが性に合わない!カメラって生産したノーマルの状態が一番と気づいてしまって・・・ライカで音を静かにしたらシャッターがまともに動かないとか・・・で、カメラ職人はわがまま三昧にやってます。金は成功報酬です。新規の客は受け付けません、客の紹介だけです。食うための仕事軽貨物と高飛車なカメラ職人(笑)そして趣味( ̄ー ̄) ストレスが無ければ人生は毎日楽ですよ。でも我が道を行く!は・・・嫁の機嫌を損ねますなー(´;ω;`)

    • pirorincho より:

      お疲れ様です(*’ω’*)
      カメラは生産した状態が一番だという真理に辿り着いたんですね!
      でもバイクやカメラなど機械関連にお強いんですね!
      羨ましいです。僕なんか不器用だし、仕組みや構造の理解に弱いので(;^ω^)
      我が道を行く…というスタンスが過度だと嫁の機嫌損ねますよね( ;∀;)
      毎日、夫婦生活を勉強してます!

  3. わるもの注意 より:

    おばんです。自分の場合、機械関連から物事の真意を見出して発展させる方向でやってきた気がします。カメラでは客の要望で手が小さいからシャッターの位置を変えてほしい!←やります。目が悪いから視度調整してほしい!←やります。とにかく感触を柔らかく!←拒否!音を静かに!←拒否!元々の機構を大幅に変更する行為はやりません。あれ?これって人間関係やら夫婦関係と似てる?妻の元々の性格を変えるのは無理・・・で( ̄ー ̄)ニヤリ自分は今の伴侶は同居人と思って、自分の気に入らない家事をさせてません。伴侶の好みを聞いて自分がやってます。機械の場合は人と違って簡単(TT) 人ってむずかしいですねー。

    • pirorincho より:

      機械関連から物事の真意を見出して発展させていったのですね!
      まさに職人肌!今の仕事も天職なのではないですか!?
      才能ですよ!羨ましいです(*’ω’*)♪

      人間関係と似てる…とは、ハッとさせられます!
      妻は伴侶ですが、やはり別の生き物ですよね!
      油断したりしてるとまるで妻が自分の所有物であるかのように振舞ってしまい、その逆も然り。
      喧嘩したこと何度もあります。
      分からない事があればネットで検索できる便利な世の中となりましたが、
      女性に関してはネットで調べても答えはなく、日々勉強しております(*’ω’*)
      むずかしいですよねー(笑)