30.青空の下、米国の強さを見た気がした

アメリカの首都、それもインフラの基礎に関わる主要な施設が密集しているモール周辺は予想に反して、穏やかな空気が流れている。

ビジネスマンの往来や、地下鉄の混雑など、日本の首都の様子とは大きく異なる。

朝のラッシュアワー時間帯でもどこか、落ち着きがある。

東京の満員電車のような殺伐した雰囲気はない(=゚ω゚)ノ

アメリカの国会議事堂(*’ω’*)

ジャップの議事堂のように角角していないし、周辺もごみごみしていない。

おのれ米国め!気持ち良いじゃねーか!!

しかしジャップにはジャップの良さがある。

「みんなちがってみんないい」…by金子みすず

モールの中央に空に向かってそびえ立つワシントン記念塔は今日は晴れてよく見える。

建国の父ワシントンの気概が時代を越えてもなお、気高さを見せつけてくれる。

力強い志の切っ先が青空を貫いている様は、見ていて胸に訴えかける。

「USA!USA!」と。

バーババン♪バーバーバー♪バーバンバンバンバーン♪(国歌

幼い子供たちが遊んでいる。アメリカの未来を担う若者だ。

ラウンドワンで遊べるあのクッションみたいなのを纏って体当たりし合う(*´ω`)

もう少し年上の子供たちはペットボトルをフットボール代わりにしてアメフトっぽい遊びをしている。

もし日本だったらペットボトルは缶蹴り代わりに使われているだろう(*´ω`)

年頃の女の子たちが芝の所々で女子会を展開している。

一組の女子トークに聞き耳を立てると、僕の解釈のせいだが、複雑な思いになった。

「すね毛を剃り過ぎて、剛毛が生えてきて逆に大変になったわ!」

「私もよ!一本ずつ抜かないと駄目なのかしら」

…そんな感じの、そんな感じの会話だったと思う(*´ω`)

またしてもラウンドワンで乗って遊べそうな遊具を移動手段にして観光している集団が!

空港で警備の人も乗っているアレだ。

乗ってみたい(*´ω`)

おっさんも昼寝している。

と思ったら目を開けて空を眺めていた。

視界に広がる青空の先に、おっさんは何を見つけるというのだろうか(*´ω`)

「人は生まれながらにして平等やで!」

ジェファーソンはそう言った。

「生きる事、自由、幸福の追求は誰にでも許された権利やで!」

ジェファーソンはそう続いて言った、そんなニュアンスの事を言った。

ありとあらゆる理由・方向から事情が付随してくる世の中で、平等という言葉は霞んでくるかもしれない。

それでも命を成した根本段階で、既に人は平等を与えられているのだろう。

何かに影響を受けて心が傷つけられ…

「平等じゃない!」と諦めてしまった段階で、不平等に囚われる。

全ては気の持ちような気がした。

幸福を求めながら自由に生きていこうという望み…プライスレスッ(=゚ω゚)ノ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする