3.中国人の笑顔は日本人と同じ。見てて素敵

上海での移動は地下鉄オンリーです。

とにかく運賃が安い。

近場だと2、3元~とかそんなもんです。

日本の何分の一なんだ!?隣駅まで行くのに140円とかするのに…。

なので大分、移動費は抑えられます。

しかし地下鉄には空港にあるような荷物検査が必ずあり、毎回それを通すのが面倒でした(*´ω`*)

地下鉄の荷物検査で一回、引っかかりました( ゚Д゚)

動揺してると近くの警備員に引き渡され、パスポートの提示を要求されました(; ・`д・´)

「日本人か?観光か。重そうなバックだな」そう尋ねられたと思います。

そーいう時だけは何故かヒアリング出来る謎…汗

「はい!中国好きです」と答えるとそのまま良しとなり、通る事が出来ました。

この時だけ、荷物の何が引っかかったのか謎です。

(この後、空港で二回引っかかります。その時は検査官に物の指摘を受けましたが…)

(浦東空港出国時にスマホバッテリー、ジョンFケネディ空港出国時に車の初心者マーク)

怪しい体験を二度しました。

英語で「あなた日本人ね?日本には観光に行ったわ!好きよ」

と若い現地?女性に英語で話しかけられるのです。

そして僕のアホなブレイク英語に付き合ってくれた後、お茶屋を紹介するという。

一度目はそれに従い、お茶へ行きました。

そして中国茶の嗜み方などをレクチャーされた後、お茶を二杯頂きました。

その後、一杯48元かかると言われ…

(何故か、そういう時だけ相手が言ってる事が何となく分かる…苦笑)

100元札をお店に渡してすぐにお茶屋を出ました(;^ω^)

このお茶代が中国で宿泊代を除いて一番高い出費となりました☆

その後、お茶屋を紹介してくれた女性に「お茶美味しかったわね」

と言われ、ハグを要求されました。

可愛い女性でしたが、僕は汗をかいていて服が少し濡れていたので、腕に抱き着いて

「茶…シェイシェーイ!」と一応、感謝を述べました。

「かわいい」と日本語で言われ、メールアドレスを交換し、お別れしました…が。

これはキャッチセールスに引っかかったんじゃないか?と疑問が残り…(;^ω^)

でも、可愛い女性に中国茶のレクチャーを受けてよく分からんお茶を二杯飲めたから良かった…よね?うん!と半場強引に納得…。

相手のメールアドレスを今見返すと劉…何たらさん。

そんなこんなで観光を続行しました。

が、この人混み…凄いぞ中国。

宋時代の街並みが売りのチーパオ!

水郷の雰囲気のある場所だけど、これは近隣のお店も商売繁盛してるに違いない!

「日本人ですか?」

と笑顔で訪ねてきた女性がまた出現。

この人には怪しいオーラがなく、一緒に記念撮影♪

日本文化やアニメの事を色々と話してくれていたと思うんだけど、中国語が分からずとりあえず相打ちを打って笑顔でやり過ごしました(;・∀・)

写真は撮らずとも、こういった何気ない人との交流も旅をしてきて本当に良い思い出っす!汗

記憶によく残るのがショッピングモールだったりします。

トーマスが走ってたりします。

旅に疲れて移動せずに過ごしたい時は最寄りのショッピングモールで引きこもりました。

フードコートもあり、安価で安心して食べれるものがいっぱい!

しかし選んだものは全て辛かった…この麺で20元。

カードやら紙やらに金をチャージしないといけないのだけれど、近くの中国人がぶっきらぼうに教えてくれたり…。

「しぇいしぇい!」っていうと笑顔になるのはやっぱり言ってるこっちも嬉しくなる♪

上海で一番美味しかった飯は人民公園での売店(#^.^#)

焼き鳥3本10元。

美味しい物食べてる時ってみんな朗らかな顔してて素敵。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする