①バックパッカーになって海外へ旅に出発

バックパッカーになって海外を旅して回る…幼い頃からの夢でした。

時間が過ぎ去る度にそれを実現するタイミングが難しくなります。

勤めていた会社で一つの区切りに差し掛かり、このタイミングで夢を叶えるしかない!

と、思い立ってから退職手続きをして、航空券やらガイドブックやらを購入!

気力と体力が衰える前にと、焦燥のような感情もあったと思います。

小さいながらも築き上げてきた社会的地位もここで一度リセットです。

失う事の心配や不安よりも、失う事で肩の荷が降りるような…そういった明るい感情の方が大きかったのを覚えています。

幸い、有給が一ヶ月ほど残っていたのでそれを消化している間に海外へ旅に出る事にしました。

羽田空港に飾られた桜。

仕事を辞める事もそうですが、自分が今までいた立脚点からの卒業を示唆されているようで感涙。

思えば、ここに至るまで長かったなぁ、と旅に出る前からこれまでの日々の思い出に老けます。

幼いころから森を探検したり、自転車で隣県まで行ったり…

そうやって続けてきた冒険の総仕上げ、ラストステージって感じで…感慨深く…( ;∀;)

何やってんだか…。

世間体を気にし過ぎていた自分にお別れをし、思い立ったら振り返らずゴー!です(*^^)v

そりゃ今まで海外旅行に何度か行った事があります。

韓国、台湾、中国、香港、ミクロネシア…

しかし、それらは”旅行”であって、”旅”では無かったと思います。

世界一周、長期の海外放浪など本格的に世界の旅人っ♪て感じでバックパッカー出来る人もいて羨ましい限りですが、

僕の場合はだいたい一ヶ月、そして予算が限られており、貧乏短期バックパッカーです(*´ω`*)☆

外で遊ぶのが好きで、旅行が好き。非日常を求めたがる…。

バックパッカーを夢見ていたのは必然のような、日常から脱する為の救済口だったような…

でももっと単純に、

道があったら通ってみたい。

山があったら登ってみたい。

川があったら渡ってみたい。

って感じで、日本の外に世界が広がっているなら見て回ってみたい。

っていう好奇心に従った結果なんでしょうね…(;^ω^)

羽田国際空港から海外へ行く前はいつも吉野家で牛丼を食べます。

景気づけみたいなもんです(*’ω’*)

しばらく食べないであろう、日本食を出来るかぎり堪能します。

さてさて!そして両替です!

今までコツコツ旅費として貯めていたお金をいよいよ崩していきます!

何だかんだ浪費してきた印象しか残っていないけれど、よく貯めた!

自分を褒めます。今だけは!

まずはチャイナ!さあ、やっちゃいな!(#^.^#)

外国のお金って手に入ると興奮します。

日本円から外国のお金に換金するとだいたいは札が多くなって帰ってくるので疑似金持ちを味わえます。(いやいや…

バック1つ相棒にいざ海外へ!

まずは中国です。

子供の頃に願った夢のやり残し、忘れ物を大人になった僕が代行します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする