退職を控えて感慨深くなると、お酒を飲んでしんみりしてしまう

一休にはだいぶお世話になってます。

1と9がつく日、月曜、そして火曜は半額ですもんね。

(鳥貴族と違ってお通し代はかかりますが…)

居酒屋の中でも安価で本当に助かってます、気持ちよく酔えます。

は~!お酒が美味い。

でも時々、今後の事とか仕事の事とか未来の不安を抱いたままお酒を飲むと…

不覚にも泣けてきたり…。

あー!!ヤダヤダ!!

経済力で男を評価しない嫁には感謝してます。

それでも喧嘩とかします。

でも怖くありません。

バイク買ったんで、喧嘩した夜はだいたい近所をツーリングします。

そうすると気分も落ち着いて、「ごめんね」って素直に嫁に謝る事が出来ます。

そうやって迎えようとする平成30年度。

仕事の節目で、ちょうどいいから辞めます。

そしてバックパッカーになってしばらく海外を放浪したいと思います。

予算も限られているのでミニマムな海外旅になると思います。

でも、地球の旅人…というのは幼い頃からの夢でした。

歳を取る度に動け辛くなるので、このタイミングで行こうかと思います。

そして見聞を広めて、器の大きな男になって日本に帰ってこれたら良いのですが…。

多分、根本は変わらないと思います。

旅とは自分を変えてくれる…非日常から見返りを求める精神欲求だと思うのですが、もう、自分の根幹は不本意ながら出来上がってしまいましたからな(;^ω^)

仕事も引継ぎの段階に来てます。

僕みたいなクズが大した仕事を今までこなしてきたわけじゃないですが。

それでも自分が働いた今までの道標を…感慨深く振り返ざるを得ません。

色々と迷惑をかけてきたけど、今までありがとうございました。

年上の後輩とか、僕に対して「若造が!!」とか、正直良い思いしてなかったでしょうが…。

僕の指示に従ったり、敬語も欠かさずに従順な態度をありがとうございました。

期間が残り少なくなると、今までの生活が輝いて見える事はよくあることで。

本当に良い職場だったと思います。

大学を出てから、一番長く働き続けることの出来た職場です。

ただ、契約内容とか、そういう面でここにずっと長くいるのは、ビジョンと違うので。

退職します。

消化できなかった有給休暇もありますので、まだ少しばかり在籍してる期間はありますが。

長いこと、ぬるま湯につかっていたので、他の職場で働くことが怖いです(苦笑)

それでもしばらくは無職の期間を満喫したいと思います。

貯金も多くないので少しばかり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Cialis より:

    本当にありがとうございました()cialis