台湾人に偽情報を教えてしまったかもしれない…罪悪感

最近、都心の方じゃなくても外人さんを見かける事が多くなりました

アジア系が多く、よく耳にするのは恐らく中国語だと思います

この前、駅で行き方を尋ねられました

台湾の方だそうで、「台湾好きですよー!」って答えると喜んでくれました

2年前?に台湾の高雄に弾丸旅行した時も、やはり台湾は親日だと思いました

その時の旅行の目標が、

東北大震災で台湾が多額の援助金を募ってくれた事に対する感謝を伝える…です

高雄市立歴史博物館というところで、アマゾンで買った日本国旗と台湾旗を結び、

サインペンで日本語と中国語?で東北大震災の時のお礼の文章を書いて渡しました

スタッフ?はよく分からず困惑していましたが、僕が笑顔でジェスチャーして、

その反応をみると状況を把握してくれたのかな…?

良い思い出です

そんな事を思い返していたら、ふと気づきました

先ほど乗る電車を聞いてきた台湾人に間違えて教えてしまったかもしれない

行きたいという駅名の冒頭だけ聞き取れたんですが、

上り線と下り線で駅名の冒頭が似ている駅があり、

僕は下り線の方を教えましたが、時間帯的に上り線の方だろう

思慮を巡らしても、やはり僕が教えた方は間違いじゃないのか・・・

あああああ

ごめんなさい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする