サマー・ロビン・ガール

夏の情景に垣間見える切なくも力強いテーマを持った物語

登場人物それぞれの錯綜とした想いと、その果てに…

「サマー・ロビン・ガール」

ノベルゲームコレクション → http://novelgame.jp/games/show/399

クリエーター → Kaza-editor 様

※ネタバレ注意

舞台は夏!!

仲良し4人組の和気あいあいとしたストーリー…と思いきや!!

登場キャラそれぞれのリアルな心情描写を描いた青春がそこにあります

誰もが抗いのような行程を経て、それを態度で示しています

それは子供から大人への過程と見受けられて、世界は変わっていくのだと

無邪気に和気あいあいと過ごせる日常は限られていたのだと、何だかほんのりした寂しさが

物語の中心は可愛いヒロインの陽和ちゃん

夏祭りを主人公と楽しむ彼女は存在そのものが夏の幻…或いは夏の奇跡です

可愛い描写、愛らしい女性だからこそ、真実は苛酷で、胸が締め付けられます

どうしようもない現実、それに抗う主人公とその葛藤…。

短冊の願いは淡く儚く、プレイしていて、何となく実は僕も同じような想いに至ったなと…

共感があったからこそ印象深いノベルゲームです

大人ってなんでしょう

生きていればおのずと、誰だって大人になります

子どものままじゃいられません。世間がそれを許しません

子供から大人へ…全ては変わっていきます

たとえそれが残酷なものであろうとも、受け入れるしかないのでしょう

だからこそ、劇中の主人公の悲しみを嘆きつつもそれを受け入れる姿は、印象深いです

いやぁ~面白かったです

ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする