貯金…ぜんぜんないよ…

いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じ電車に乗って、いつもと同じ職場で仕事をする。

いつもと同じ帰路を辿って、いつもと同じスーパーで夕食を買って、

いつも景色が変わる夜空を見上げる

朝と夜をなぞり、往復しては毎日をやり過ごしてる

そして今日も例外なくそれをこなす。

家に帰って溜息をポロリ、缶ビールで喉を潤しては酔って愉快になるのを待ってる

先日、中学の同級生と飲む機会があって、貯金額の話題が出た。

そしたら驚き…実家で暮らしてる組とそうでない組とで貯金額に200万位差がある。

どっひゃー!!

各々で仕事が違う訳で収入も支出も別々なのだから、実家暮らしのせいだと一概に言えないけれど…

各々で家庭の事情があるからとやかく言えるはずもないのだけれど…

実家で暮らせるなら無理して一人暮らしとかする必要ないのでは…って思う。

昭和的価値観として実家を出て親元を離れて暮らしてこそ一人前…とか、

そういう意見もあるけど…

貯金する為に、出費の抑えられる実家に留まっていた方が賢いのではと思ってしまったり

介護の問題とか、土地柄とか、家柄とか、諸事情があるから「実家暮らしは甘い!」

とは一括りに言えないですし

そんなこんなで、缶ビールが身体を回ってきたところで、ほろ酔いオヤスミララバイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする