地域移住への夢

ペットの小動物にまで心配されてしまう…。

以前からちょくちょく移住計画を進めていたハズが…進んでいなかった。

押しては返す波のように今の位置から何処へも動いてなかった、というのが現状。

住めば何処だって都。

仕事などの検討要素を省いてどこの地域に住みたいか直感で浮かび上がってくる所…。

昔から父に連れられて訪れた北アルプス。その傍の地域に憧れがあって、調べたりしてたけど…

諸々と問題が出てきてる。

じゃあ海が好きなんで、今まで海なし県で暮らしてきたから海あり県はどうかとか…

そういった安易な判断まで基準が下がってしまった感が否めない。

縁もゆかりも無い土地への移住というのは、また別の躊躇を抱いてしまう。

あれやこれや問題が浮かび上がってくる。

そうするとただ漠然と移住するんだと意気揚々としていた自分が馬鹿に思えてくる。

素が馬鹿なだけに、馬鹿の最上級にまで及ぶ。

じゃあ、結局は今住んでいる埼玉がベターなんじゃないか?

地域移住に関して抱える問題を処理するエネルギーを惜しむなら、現状維持のままで良いじゃないか。

無理に変化を求めなくても良いではないか。

それこそが無難。

今まで通りここに留まるのが本当は賢い考え。

今の住処を離れてまで地域移住をするに値する大望があるのか。

ただ単に、もっと自然のある所が良いとか、都市部の暮らしに辟易してるとか、

そういう恣意的かつ浅はかな面持ちでは、移住後に後悔は免れないだろう。

じゃあここに留まり、今までと同じ暮らしを。

結局、新天地へ行きたいと嘆きながらも何処へも行けなかった。

抱いた夢は欠陥品で、早急に地域移住の想いを捨てなくては辛くなる。

「物事の手前であーだこーだ考えるよりも、本能のままに生きるのが良いでチュ!」
「どうなんでチュか?地域移住したいんでチュか?YES・NOで答えるでチュ!!」


「YES!!やはり、近い将来…埼玉から新天地へ引っ越したい!!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする