うちの鏡音さんたちの矜持【2011.4.6】

矜持…自信と誇り。堂々と生きる事…

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14082867

トークロイド2話目「うちの鏡音さんたちの矜持」です

この話から、シリーズ化をしていこうと思い、タイトルも二字熟語を変えるものにしようと決めましたるんるん

可愛らしいボーカロイドが和気あいあいとした雰囲気のストーリー展開をする…

それよりも、自分なりに思っている事・考えている事を織り込んでいこう…とexclamation

方向性を決めたのも今作がキッカケですexclamation×2

そのせいで堅苦しいトークロイドになってしまったかもしれませんが…たらーっ(汗)

「当時は”東北大震災”が起きて間もない頃で、世間は暗い雰囲気だったのを覚えてる…」

「動画を見返すと、起きてしまった災難に対して思った事を動画に残してるね!」

”東北大震災”は僕の住む関東でも大きな揺れに襲われ、物は崩れ散らばり、交通も麻痺。

道路にヒビが入り、携帯は使えず、コンビニから商品が無くなる大混乱。

それでも、テレビに映る震源地に近い被災地の惨状に比べればマシなものでしたどんっ(衝撃)

そこで思ったのは、
自分の置かれた環境よりも最悪な環境を知ることで自分の優位を感じる事

被災して大変な思いをしている人を見ることで、彼らに比べれば自分は恵まれているのだと思える事

つまり、

他人の不幸を見る事で、自分の幸運を実感できる】

という事実を改めて認識しましたあせあせ(飛び散る汗)

今回の災厄は本当に理不尽で、悲しくて、辛いものだった

被災者の方々には深く同情するし、何かしてあげたい!勇気づけたい!

でも…心のどこかで…

ああ…震源地が僕の住んでる地域じゃなくて良かった」

と、思ってしまった自分がいる。

表では憂い、裏ではホッとしているダッシュ(走り出すさま)

でもそれはあくまで一例

全ての事柄から捉える事の出来る”二面性”

偽善者のような自分が嫌になる。
「考えすぎると行き着いてしまう解釈だと思う」
「当時思っていたそういうモヤモヤした気持ちを、この動画で取り上げたんだね!」

でも!
それでも!
何があっても、前へ!!
その精神行動はポジティブなものにだって変換できる!!
最悪を経て、生きている事それ自体のありがたみを実感できる!!

同じ日本に住む、名も知らぬ被災地のアナタへ!!
決して屈することなく、自信と誇りをもって堂々と共に生きていきましょう!!

そういう都合の良い想いのもと、この動画を作った気がしますかわいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする