互いの両親に挨拶終える※6月の目標達成

相方の両親に挨拶した前回。今度は僕の両親へ挨拶の番ですexclamation

この前の休日、相方と休みが合ったので、一緒に僕の実家に帰りましたダッシュ(走り出すさま)

高速バスに揺られて3時間程。山々に囲まれた盆地、僕の実家に到着ですバス

定年退職した父親と写真に写っている母親が、のほほんとした雰囲気で迎えてくれましたぴかぴか(新しい)

軽い食事をしながら相方の紹介と結婚する旨の報告をすると…

「本当にうちの子で良いの!?ごめんね!」

「もっと他に良い男なんていくらでもいるでしょう?」

相方に詰め寄る僕の両親…

あはは…おやじ!おふくろめ!!(^^;)

と、心の中で思いつつも、返す言葉も見つからないので、終始苦笑いしてましたたらーっ(汗)

兎にも角にもこれで互いの両親への挨拶を終え、一応了承も得る事が出来ましたグッド(上向き矢印)

(今の職を辞め、引っ越す予定であることは伏せたままあせあせ(飛び散る汗)

とりあえずは今月の結婚に関しての準備はここまでexclamation

先は長いですたらーっ(汗)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする