【ゲームタイトル決定】東京スカイタワー

この街の中心には建設中の鉄塔がある。凄然と高くそびえ立つその姿は、圧倒的な存在感を示していた。

見るものに畏怖と敬意を抱かせ、塔は高く、何処までも高く…その光景を縁側で父と見上げていた。

あの塔が完成すれば、この世から”悲しみ”を消す事が出来るかもしれない」
やつれた笑顔をボクに向けて、父は静かに呟いた。
「”悲しみ”の無い世界だなんて凄いね!皆、幸せになれるよ!」
父の真意も分からず、ボクははしゃいだ。
誰も悲しむ事のない世界が訪れたら、どれだけ素晴らしい事だろうか。あの頃のボクは、塔の完成を心から待ち望んでいた。

短編ノベルゲーム【東京スカイタワー】 いつか公開…

「ふむふむ。これが今回、挑戦している制作中ノベルゲームの概要でチュね」

「そうです。でも、まだまだ完成は遠いです。月末まで間に合うかどうか…」

「で、手ごたえはあるんでチュか?」

「いえ、ありません。自分で作ってても何だコレ…って感じです」

「オーマイガー!!」

「てか今現在、シナリオは勿論の事、ノベルゲームの仕組みやシステム面でよく分からず挫折中です」

「オーマイガー!!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする