シナリオが何となく思い浮かぶ

「何やってるの?ハム山ハム太?マウスの上にマウスが乗っかってる…」

『ご主人!シナリオを思いついたでチュ!!』

「な!なんやってー!?」

『ハムスターが大活躍するストーリーが良いでチュ!!』

「却下やで!実は何となく書きたい話が浮かんだんだ」

『えー!?なんか思いついたんでチュか?』

「このぶーけんブログの日記ブログを読み返して思いついたんだ」

『まぁ、やりたいようにやるでチュよ♪』

「面白くはないかもしれない。でも僕にとっては特別な意味を持つ話にするよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする