唇を火傷しかける…でも美味しい小籠包


都内の中華屋さんでのことるんるん

小籠包食べてたら、中から熱い汁が…

うわっちゃあ」

思わず叫んでしまいましたどんっ(衝撃)

想像を絶する熱さと汁の飛び出す勢いにやられましたダッシュ(走り出すさま)

熱い!という認識の後に押し寄せる肉汁のハーモニーぴかぴか(新しい)

「こ、これは口の中がヘブンやでぇexclamation

やっぱりいつも食べてる198円の冷凍の小籠包に比べたら月とスッポンの差でした手(チョキ)

今まで食べてきた小籠包は刀を持たない武士。そして目の前にあるのは名刀を携えた武士でしたグッド(上向き矢印)

でも肉汁の熱さにやられたのと、小籠包の真ん中が何やらストローの口に似てるのもあって
食べ方を変えてみましたひらめき

小籠包の真ん中のストローの口みたいな所から肉汁を吸ってから、小籠包本体を食べるるんるん

何だか小籠包の食べ方を冒涜したみたいな感じですが、これはこれで乙な物でしたー(長音記号1)

小籠包うまい、喰ってるときだけ幸せパンチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする